So-net無料ブログ作成
検索選択

Excel VBA 正規分布の確率密度関数のy座標を求める方法 [プログラミング]

これも作業メモ。 ( ..)φメモメモ

正規分布の確率密度関数よりある横軸の1点における高さを得る方法

平均=0、標準偏差=1の場合

Excel VBAでは下記のように記述する。

Takasa = Application.WorksheetFunction.NormDist(SigmaPos, 0, 1, False)

Falseにするとその点での確率密度関数のy座標を求められる。

Trueにするとその点までの累積確率を求められる。

グラフを作るのが億劫なので。。。文字の情報だけ載せておきます。


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。